アイスを食べに行かなくちゃ! | Favo石川県版
Ishikawa Favo Web 石川ファーボウェブ
Ishikawa Favo Web 石川ファーボウェブ
SNS インスタグラム LINE公式アカウント フェイスブック

SCROLL DOWN

アイスを食べに行かなくちゃ!

アイスを食べに行かなくちゃ!
国内でも県内でもダントツのアイス消費量と言われる金沢。
今夏も新しいもの、おいしいものがいっぱいなわけで。
目次

アイスを食べに行かなくちゃ!

福井県

越境してでも食べたい サラダ感覚のアイス「OTM ICE CREAM」

sub image

20種類のマイクログリーン、3種類のオリジナルアイス、4種類のトッピングの組み合わせを楽しめます

sub image

sub image

福井の森の中に突如現れるのは近未来を思わせるアイスクリームショップ。自社の栽培施設で育成された栄養価の高いマイクログリーンを、オーダーされてからその場でアイスに練りこみ提供します。提供は無人で、商品がベルトコンベアで運ばれてくる驚きも。ベースアイスやマイクログリーン、シロップなどを自分で選択できるのも嬉しいポイント。アイスを味わうだけでなく、コンセプチュアルな食体験として楽しむことができるはず。

店舗情報

店名
OTM ICE CREAM
住所
福井県福井市足羽上町111
電話番号
0776-36-3733
営業時間
10:00~17:00(17:30 L.O.)
定休日
不定休

金沢市

世界一の味ができるまでをその目で 「 マルガーラボ野々市」

色とりどりのジェラートが並ぶ様子をイメージした窓はフォトスポットにも最適

sub image

まるでギャラリーのようにスタイリッシュな店内には、焼き菓子の甘く香ばしい香りが漂っています

sub image

ショーケースに並ぶジェラートは常時およそ18種類

sub image

sub image

ジェラートを科学する」をコンセプトに運営するマルガージェラートの昨年10月にオープンした新拠点。カラフルな窓が印象的な外観と、レシピや計算式が記された大きなガラス越しに覗くことができる工房が、この店の大きな特徴です。まるで工場見学をしているような感覚で店内を見渡すことができ、日によって、世界一の称号を手にした柴野大造さん・幸介さん兄弟が作業する姿を見られることも。これまでも様々な美味しいジェラートを生み出してきた同社ですが、今回の店舗ではどのような工程を踏んでマルガージェラートの美味しさが口に運ばれるのかを可視化されるような店づくりがされています。
奥のショーケースには定番から個性的なフレーバーまでを取り揃えたジェラートがずらり。ほかにも能登の生乳を使用したイタリアの伝統菓子も販売しています。イートインスペースも設けられており、洗練された空間でじっくりとジェラートや焼き菓子を味わうことが可能です。

店舗情報

店名
マルガーラボ野々市
住所
野々市市本町6-370
電話番号
076-246-5580
営業時間
11:00~17:00
定休日
無休

野々市市

湯上り美人なフルーツアイス 「pocapoca 御経塚の湯」

銭湯『御経塚の湯』に併設されたコンセプトショップ。pocapoca ice popは、カラフルな地元の果物や野菜を使用した、目にも口にもおいしいアイスです。非加熱殺菌によって新鮮な素材の栄養素が保たれており、自然甘味料を使用しているため、大人も子供も安心して味わえます。

店舗情報

店名
pocapoca 御経塚の湯
住所
野々市市御経塚4-38(御経塚の湯内)
電話番号
076-240-4126
営業時間
5:00~24:00
定休日
1月1日

金沢市

老舗発酵食品のお店が 仕掛けるジェラート「四十萬谷本舗」

sub image

sub image

全9種類のキュートなパッケージデザイン

sub image

かぶら寿しで知られる『四十萬谷本舗』。これまで培ってきた発酵や野菜に関する知見を活かし、『マルガージェラート』とコラボしたオリジナルジェラートが人気を博しています。かぼちゃやさつまいものほか、石川県産の梅を使用した自家製の「梅干し」フレーバーや、濃厚な味わいの「加賀金城味噌」、同社の“金城漬”を使用した生姜香る「花きんじょう」などユニークなラインナップが魅力です。アイス×野菜の新たな扉が開けるかも!

店舗情報

店名
四十萬谷本舗
住所
金沢市弥生1-17-28
電話番号
0120-41-4173
営業時間
9:00~18:00
定休日
第1日曜

七尾市

能登の生乳を存分に味わって「能登ミルク ファクトリー」

sub image

ダイレクトに生乳の味わいを感じられる能登ミルクジェラート

sub image

カフェスペースでは、キーホルダーや温泉タオルなどのキュートなオリジナルグッズも販売

sub image

シェフが得意なケーキジェラートをはじめ、中島菜や能登塩のフレーバーなどを用意

sub image

sub image

能登地区の酪農家と提携した『能登ミルク』が運営するジェラートショップ。イタリアで日本最年少のジェラートマエストロを取得した堀川宙さんが中心となるお店です。地元の生乳のおいしさをより多くの人に知ってほしいと、一般的なものよりもミルクを高配合で作られています。イラストレーター・モリモトシンゴさんのシュールで愛らしいイラストがあちこちに散りばめられた空間は、ジェラートを味わう時間をより楽しくしてくれます。

店舗情報

店名
能登ミルク ファクトリー
住所
七尾市和倉町ワ部13-6
電話番号
0767-62-2077
営業時間
9:00~17:00
定休日
水・木曜

金沢市

老舗みそ屋の和洋折衷ジェラート「Gelateria mikette 」

sub image

アクセントに焦がし醤油を加えた醤油チョコレートも要チェック

sub image

sub image

1813年創業の江戸時代から続く老舗みそ屋の店内にあるジェラート専門店。フランスやベルギーで修業を積んだ本格派のオーナーが生み出す、和と洋を掛け合わせた新感覚のテイストにハマる人も多いのだとか。1番人気のみそで甘辛く炊き上げた「味噌キャラメル」はマストオーダー。季節のフレーバーも豊富なオリジナリティあふれるジェラートは、どれも甘さ控えめで食べやすいのもポイント。新作も続々と登場するのでお見逃しなく!

店舗情報

店名
Gelateria mikette
住所
金沢市尾張町2-2-25( 中六商店内)
電話番号
076-221-0154
営業時間
10:00~18:00
定休日
火曜

金沢市

ごろっと果肉入りなくずバー「湖月堂」

2代目店主が新しいお菓子作りに挑戦し続ける加賀の和菓子店では、数年前から葛を使ったくずバーの販売を開始。しゃりもち食感がクセになるひんやりスイーツで、フルーツの果肉がアクセントになっています。8月からは期間限定で加賀ぶどう味もリリース予定。

店舗情報

店名
湖月堂
住所
加賀市動橋町イ206-2
電話番号
0761-74-1646
営業時間
8:30~18:00
定休日
月曜(7、8月は月・火曜)

白山市

毎年約9万本も売れる夏の風物詩「田中屋」

sub image

明治38年創業の老舗和菓子店のレトロなパッケージが目を引くアイスキャンデーは、夏限定のロングセラー商品。この季節を待っていたファンたちは「ミルク10本、金時20本!」といった感じでまとめ買いが基本です。子供のお小遣いでも買える価格設定も人気の秘密。

店舗情報

店名
田中屋
住所
白山市東新町100番地
電話番号
076-276-1127
営業時間
8:00~18:30(日祝は~18:00)
定休日
無休
LP LP
特集コラムに戻る